バイク用品マニュアル

オススメの工事用品情報を配信中!

マスキングテープとは字のごとく、覆い隠すためのテープのことです。
通常よく使用されるのは塗装作業の際などに多く、必要箇所以外を汚さずきれいに仕上げるために使用します。
マスキングテープも種類が様々で、素材、粘着力、幅、色など、それぞれの状況にあわせて選択されます。
よく使用されるのが車の塗装です。最も好まれて使用されるのは、粘着力が弱く簡単にはがせるものです。

 

さてこのマスキングテープ、発明した人はアメリカのスリーエムカンパニーという会社の従業員、リチャード・ドリューという人物。
ドリューは自動車塗装工たちが塗装作業をする時、塗装する箇所以外のところが汚れないように貼り付けていた紙を、作業終了後剥がす際、自動車の塗装も一緒に剥がれてしまう状態を目にしました。
そこで自動車塗装工たちはどうしていたかというと、なんとまた塗装し直していたんです。
それでドリューは、このままこの状態を続けていたらコストがかさんでしまうと思ったんですね。
それから彼は研究を始めました。そして研究の甲斐あり、1925年に世の中にこのマスキングテープを紹介する事が出来たのです。

 

このマスキングテープのおかげで、その後コスト削減は成功し、塗装工たちも塗り直しなんて無駄な作業をすることも減ったということです。
90年近く経った現在でも、多くのマスキングテープが使用されています。車産業などの塗装作業を必要とする世界では、マスキングテープは正に大発明であったといえます。

 

自動車整備などに欠かせないのは工具のひとつに、針金や銅線などを切ることができるニッパーがあります。
ニッパーは刃の種類が3つにわけられます。
家庭にもよくある工具ですので、使用方法は割とみなさんご存じな方が多いかと思います。
しかしきちんと使用方法に沿って使わないと、思わぬアクシデントが起きたりしますので、十分注意して使用するように心がけましょう。

 

ニッパーは銅線や鉄線を切断する工具です。ですので、それ以外の目的での使用は絶対やってはいけません。
もしニッパーの選び方を間違えて使用したりすると、すぐに刃は傷ついてしまい、ニッパーとしての機能はなくなってしまします。
刃は意外ともろいものなのです。
ですから、沢山ある種類の中から、目的に合ったものを選択し使うようにしましょう。

 

またペンチでも線は切ることができるのに、なぜニッパーが必要なのかと疑問に思いませんか。
それはニッパーとペンチでは、その線の切れ方が違うのです。
例えばペンチで線を切断すると、先がとがったように切れますが、ニッパーで切断した場合、平らに切れるのです。
ですので、それぞれの性能をよく把握して、作業の役に立てましょう。


 
 
 



バイク用品マニュアルブログ:20190321
もう布団から出たくない今日この頃。

なんか、今日は気分が悪いです

最近、仕事も遅刻ギリギリだったりして、もう少し早く起きようと
思うけど、目覚ましを止めて二度寝。

これがまた気持ち良かったりして…。

朝方からストレッチしている母に
朝型になって、余裕をもって、少し体を動かしてから出かけたら?と
勧められたんだけど、やっぱり1秒でも寝ていたい。

こないだ痩せないとねーと話していたら、友達から1週間ほど前、
オススメのダイエット緑茶と寒天ダイエットゼリーを
もらって、朝食べないなら、これを朝食代わりにするといいよって。

何とも優しい誕生日プレゼントw

たしかに仕事で歩くことも少ないから、歩いたり自転車を活用すると
良いとは思うけど、自転車だと帰りも自転車…っていうのが辛いなとか
思ったりして。

21時とか時間帯や晴れとかによっても
困ることもあるよね。

…なんて逃げつつ、友達のお誘いがあるので骨盤体操に
明日の休みでも一緒に行ってこようかな。

意外に僕の周りってジムに通っていたり、健康に気遣っている
人もいたりして。

19時からとか決めずに、何かできることがあればやってみよう
とか思っているけど、なかなかこれ!と言うものがなくて。

まず僕は、目覚ましをとめて、きちんと起きれる朝型人間に
なるのが必要かもww

寒がりだから、特に冬とかは辛いし、雪とか降られたら外にも出たくないし。

ということで、今日もダイエット緑茶飲んで頑張るかなー。

――――――以上で今日の報告を終わります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
バイク用品マニュアル モバイルはこちら