バイク用品マニュアル

オススメの工事用品情報を配信中!

マスキングテープとは字のごとく、覆い隠すためのテープのことです。
通常よく使用されるのは塗装作業の際などに多く、必要箇所以外を汚さずきれいに仕上げるために使用します。
マスキングテープも種類が様々で、素材、粘着力、幅、色など、それぞれの状況にあわせて選択されます。
よく使用されるのが車の塗装です。最も好まれて使用されるのは、粘着力が弱く簡単にはがせるものです。

 

さてこのマスキングテープ、発明した人はアメリカのスリーエムカンパニーという会社の従業員、リチャード・ドリューという人物。
ドリューは自動車塗装工たちが塗装作業をする時、塗装する箇所以外のところが汚れないように貼り付けていた紙を、作業終了後剥がす際、自動車の塗装も一緒に剥がれてしまう状態を目にしました。
そこで自動車塗装工たちはどうしていたかというと、なんとまた塗装し直していたんです。
それでドリューは、このままこの状態を続けていたらコストがかさんでしまうと思ったんですね。
それから彼は研究を始めました。そして研究の甲斐あり、1925年に世の中にこのマスキングテープを紹介する事が出来たのです。

 

このマスキングテープのおかげで、その後コスト削減は成功し、塗装工たちも塗り直しなんて無駄な作業をすることも減ったということです。
90年近く経った現在でも、多くのマスキングテープが使用されています。車産業などの塗装作業を必要とする世界では、マスキングテープは正に大発明であったといえます。

 

自動車整備などに欠かせないのは工具のひとつに、針金や銅線などを切ることができるニッパーがあります。
ニッパーは刃の種類が3つにわけられます。
家庭にもよくある工具ですので、使用方法は割とみなさんご存じな方が多いかと思います。
しかしきちんと使用方法に沿って使わないと、思わぬアクシデントが起きたりしますので、十分注意して使用するように心がけましょう。

 

ニッパーは銅線や鉄線を切断する工具です。ですので、それ以外の目的での使用は絶対やってはいけません。
もしニッパーの選び方を間違えて使用したりすると、すぐに刃は傷ついてしまい、ニッパーとしての機能はなくなってしまします。
刃は意外ともろいものなのです。
ですから、沢山ある種類の中から、目的に合ったものを選択し使うようにしましょう。

 

またペンチでも線は切ることができるのに、なぜニッパーが必要なのかと疑問に思いませんか。
それはニッパーとペンチでは、その線の切れ方が違うのです。
例えばペンチで線を切断すると、先がとがったように切れますが、ニッパーで切断した場合、平らに切れるのです。
ですので、それぞれの性能をよく把握して、作業の役に立てましょう。


 
 
 



バイク用品マニュアルブログ:20191207
朝!って感じの朝ですー

最近完全に倦怠期です。。。

昨日も海釣りに行ったけど、ちょっとしたことに
イライラ。

話を聞いていないのか、嫌味なのか、ムカッってくることがよくあり、
ついついキレてしまう。

今まで、こんなに短気じゃなかったのに、エアリーシェイプネオで
ストレス発散している今日この頃。

休みの13時から、遊ぶのも面白くなってしまったので、
ペルヴィスダンスに行くことにしました。

なんか愛想を尽かす瞬間ってあるよねー。

相手には申し訳ないとは思う気持ちはあるけど「合わない」んだと思う。

そもそもゼナドリンで9`痩せた友達の
話とかをしていても「ダイエットに興味がない」とか、フィリピンに
友達が行って来た話をしても「海外旅行なんて嫌味に聞こえる」とか。

話す気が萎えるんだよねー。

で、友人の話とかもどんどんする気がなくなってしまい・・・
この人に話すくらいなら、他の人に話そうって。

曇りのち雨だったり天気のようにコロコロ変わる感じで、もう疲れた。

まだ会社とかでトマト寒天が美味い!
なーんて話している方が楽しい気がするしね。


でも、最近キレやすいわたしに対して、なだめるというか、何かと
連絡してくるんだけど、そこでもまた話してるとイライラしてしまう。

わたし・・・まったり過ごそう。

最近そう思っちゃうんだよね。

なんか疲れちゃったから、癒されたいと言うか、休憩したい。

みなさんもそういうことありませんか??

とっぴんぱらりのぷう


ホーム RSS購読 サイトマップ
バイク用品マニュアル モバイルはこちら