バイク用品マニュアル

オススメの工事用品情報を配信中!

マスキングテープとは字のごとく、覆い隠すためのテープのことです。
通常よく使用されるのは塗装作業の際などに多く、必要箇所以外を汚さずきれいに仕上げるために使用します。
マスキングテープも種類が様々で、素材、粘着力、幅、色など、それぞれの状況にあわせて選択されます。
よく使用されるのが車の塗装です。最も好まれて使用されるのは、粘着力が弱く簡単にはがせるものです。

 

さてこのマスキングテープ、発明した人はアメリカのスリーエムカンパニーという会社の従業員、リチャード・ドリューという人物。
ドリューは自動車塗装工たちが塗装作業をする時、塗装する箇所以外のところが汚れないように貼り付けていた紙を、作業終了後剥がす際、自動車の塗装も一緒に剥がれてしまう状態を目にしました。
そこで自動車塗装工たちはどうしていたかというと、なんとまた塗装し直していたんです。
それでドリューは、このままこの状態を続けていたらコストがかさんでしまうと思ったんですね。
それから彼は研究を始めました。そして研究の甲斐あり、1925年に世の中にこのマスキングテープを紹介する事が出来たのです。

 

このマスキングテープのおかげで、その後コスト削減は成功し、塗装工たちも塗り直しなんて無駄な作業をすることも減ったということです。
90年近く経った現在でも、多くのマスキングテープが使用されています。車産業などの塗装作業を必要とする世界では、マスキングテープは正に大発明であったといえます。

 

自動車整備などに欠かせないのは工具のひとつに、針金や銅線などを切ることができるニッパーがあります。
ニッパーは刃の種類が3つにわけられます。
家庭にもよくある工具ですので、使用方法は割とみなさんご存じな方が多いかと思います。
しかしきちんと使用方法に沿って使わないと、思わぬアクシデントが起きたりしますので、十分注意して使用するように心がけましょう。

 

ニッパーは銅線や鉄線を切断する工具です。ですので、それ以外の目的での使用は絶対やってはいけません。
もしニッパーの選び方を間違えて使用したりすると、すぐに刃は傷ついてしまい、ニッパーとしての機能はなくなってしまします。
刃は意外ともろいものなのです。
ですから、沢山ある種類の中から、目的に合ったものを選択し使うようにしましょう。

 

またペンチでも線は切ることができるのに、なぜニッパーが必要なのかと疑問に思いませんか。
それはニッパーとペンチでは、その線の切れ方が違うのです。
例えばペンチで線を切断すると、先がとがったように切れますが、ニッパーで切断した場合、平らに切れるのです。
ですので、それぞれの性能をよく把握して、作業の役に立てましょう。


 
 
 



バイク用品マニュアルブログ:20190417
結婚してから気づいたのだが、
あたくしの主人は無趣味な人であった。

例えば、読書にしても…
実用書が好きだったり、読む時も仕事上の文献を探すとか、
「楽しむ」感じではない。

釣りや各種アウトドアスポーツの道具を持っていたり、
遠出をしたこともあるようで、
体を動かすことが好きなのかな?とも思ったが、
仲間に誘われてやってみたことがある…という程度。

かといって、
「絵を描きます」とかそういうのもない。

主人は定年後どうするのだ!?と密かに思っているのだが、
それはさておき…

高校時代は水泳部だったという主人は、
水の中で体を動かすことは楽しんでできるようである。

それでも、
あたくしと結婚してから休日にプール、夏場に海…など、
積極的に出かけることもなく過ごしてきた。

しかし、現在5歳になる娘が
スイミングスクールに通うようになると、
休みの日には公営プールに出かけて、一緒に遊んでくれるようになった。

カナヅチのあたくしにとって、
それはとても有難く(あたくしは水泳を教えることができないので)、
健康的な趣味ができた!と喜んでいる。

もちろん、娘も
「プールに行く」というととても喜んでいる。

娘はママ大好きっ子なので、
普段はあたくしと一緒でなければ、主人と出かけることはない。
それが、プールだけは別。
それは主人にとっても嬉しいらしい。

残念ながらあたくしは一緒に行ったことがないので、
二人がプールでどんな風に過ごしているかは分からない。

でも二人とも充実した顔で帰ってくるので、
きっと楽しいのだろう。
男二人、なかなかいい趣味ではないか!


ホーム RSS購読 サイトマップ
バイク用品マニュアル モバイルはこちら